サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。

インフルエンザで学級閉鎖

テレビとかメディアでインフルエンザが流行っているって言ってましたが、全然流行っている気配すら感じなかった今日この頃。

 

巷の噂では2月の上旬がピークだとかいいながらも、全然流行りのハの字すらかすりもしないで来たので、ああ、またメディアの恐怖バラマキ脅かしネタねって思ってたのですが、今週になって子供達の学校で学級閉鎖があるよって聞いて、ありゃま、本当に流行って来たのねと実感しました。

 

とは言え、各学級に2名以上で学級閉鎖ということのようなので、大体100人中8人とかそんな感じで10%行かない感じなんですね。だから確かに10人に1人なので見かける数が少なかったというのもうなずけます。

 

流行を大流行にさせないための施策として、規定値を決めて早めに学級閉鎖に踏み切る今の体制はしっかりしているなあと思いました。

 

昔の自分が通っていた頃は、クラスで半数とか1/3以上とかかからないと学級閉鎖にならなかったので、休みの人が徐々に増えていって、後1人で学級閉鎖だって思ったら、休んでいた子が回復して投稿してきた時のうおー!もうちょっとだったのに感は今はきっと無いんだなぁとしみじみ思いました。

 

そう思い返すと、親として子供に学校に行きなさい、学校は楽しいでしょ?って言いながらも自分も実は学校休んで遊んでた方がよかった派だったなってのを思い出しました。

 

初心を忘れるべからずですね。

 

話をインフルエンザに戻すと、今は予防注射とか、マスクとか、早めの学級閉鎖とか色んな対策で大流行を防いでいると思うんですが、なぜかそれでも毎年インフルエンザって大流行までは行かないまでも毎年流行りますよね?

 

ここからはかなり僕の個人的な変な意見なので、違うなって思う人は聞き流すかブラウザを閉じちゃって下さい。

 

今年思ったのは、インフルエンザで学級閉鎖が行われたタイミングってのが、丁度テレビでインフルが流行りますよって言ってた後のタイミングなんですよね。

 

インフルがこの辺りで広がる予定ですよって言っている辺りで丁度その後位に学級閉鎖になったんですよ。

 

んでね、会社に言ってた時ですが、確かにインフルで休む人とかいましたが、そんなに流行って感じではなく、ちらほらと出る程度で割りとまばらだったんですよ。

 

何が言いたいかと言うと、朝の情報番組がインフル流行るよって言うと、それを見ている子供の親とかお年寄り達がそうなのかって思って、勝手に自分を中心にインフルエンザにかかりやすい確率が高まるような行動とか、体の中の変化が行われると思う訳です。

 

所が、社会人は朝の情報番組を見ませんし、そもそもテレビ自体もあまり見られない昨今、それにニュースですらあまり見ませんから、テレビからの影響が少なく、ホントに運悪く免疫力が落ちている時にウイルスの近くに行ってしまって感染ってパターンだと思うんですよ。

 

つまり、インフルエンザの流行は朝の情報番組が作り上げている虚構であると言いたい訳です。

 

勿論、虚構と言っても、実際にインフルエンザの患者がいますし、確かにインフルエンザは結果として流行っているんですが、この毎年の流行を作り上げているのが朝の情報番組だと思うというイミで、虚構と言いました。

 

つまり、もし朝の情報番組でインフル流行情報を流さなければ、僕が社会人の時に実感した様に学校界隈でもまばらにかかって、流行まで至らず学級閉鎖も起こりにくいんじゃないかと思う訳です。

 

仮に情報を流すにしても、乾燥が高まり気温が低下する為、リスクが高まります程度にして、言い方も凄く重い感じではなく、もっとさらっと言って欲しいなぁと。

 

テレビで重苦しい顔で流行する予想ですなんて言われたら、多分誰もが恐れるじゃないですか、インフルエンザを。

 

だから、テレビを見ている人が怖がらないように情報を正しく伝えて欲しいなと思うんですよね。

 

んで、もっと言うと、毎年インフルが流行すると儲かるのが薬関係の人達ですよね。

 

病院、医薬品会社、厚生労働省とか、んで実際にテレビって医薬品会社がスポンサーになって風薬のCMとかやっている訳で、ここが繋がっないと考えるのはよっぽどお人好しかなと。

 

つまり、薬関係の人達は薬が売れると儲かる。

 

テレビで流行するかもって扇動すると薬が売れる。

 

テレビは薬の人達からお金をもらい、薬の人達はテレビで扇動した効果で薬を買いに来る人が増えてWinWinって関係が見えるかなぁと。

 

ガンを使ったテレビと抗癌剤がん保険の関係と似てますね。

 

恐怖を煽り、人々が動いた先に儲かる所があり、儲かったところは見返りで先にテレビにお金を払っておく。

 

このカラクリ、結構色んな人が気が付いて指摘してたりしてるんですけど、殆どそれに気が付いて対策している人って少ないと思うんですよ。

 

それだけ、お金をかけて情報規制したり、制限と監視を厳しくしているんだろうなって思うんで、もしかしたら、このブログにも何か来るかも知れません。

 

突然の閉鎖なんてあったら、そういう事情かも知れませんので、そうなりましたら悪しからずで。

 

まぁ、小さなブログなんでね、影響力も少ないですから、そんなことは無いと思っているので、言いたいことを適当に言っていられるのが強みです。

 

まぁ、何にしてもまだまだ寒さも少しありますから、みなさんも僕も、ずっと健康でいられますように!