サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。


スポンサードリンク

今週のジャンプ38号


スポンサードリンク

久々にやって来ました、今週のジャンプ、やっぱり週の始まりは、これを書きたいです!

 

集英社さん、各作家さん達に感謝です。

 

表紙は約束のネバーランドで、1周年なんですね。

 

そっか、1年前のこの時期に約束のネバーランドが始まったのかと思うと、何となく感慨深く思います。

 

巻頭カラーで約束のネバーランドが始まるんですが、

 

中のカラー広告、

 

やってくれました。

 

見開きで2ページですよ。

 

何がって?

 

ガイル先輩です。

 

前に、ウルトラハードジェルの広告にガイルが出ているのがめちゃウケでやられたーって思ったんですが、今度は更に輪をかけて、増ページ、見開き2ページを使っての、もう、これ以上にないって位、ハードにキメッ決めのがいる先輩ですよ。

 

激強にキメろ。ってあんた、髪の毛の上が揃っているの、ソニックブームで刈ってるんですかバリの刈り揃えですよね。

 

もう、毎回ですが、この広告には、ホントやられました。

 

本編入る前にどうしても言いたかったです。

 

さてさて、約束のネバーランドでは、ようやく洞窟を抜けて、外に出ます。そして、ソンジュとムジカの鬼としての方向性の違いが顕になり、ミネルバさんの座標へと辿り着く一行。そこで待ち受けるものは一体???

 

Dr.ストーンでは、千空のラーメンが村人たちを氷解させていきます。

 

そんな中ドサクサに紛れて登場してきた、司側のスパイの乱入。

 

そして、ようやく出来上がった鉄!

 

物語がどんな風に転がっていくのかがとっても楽しみです。

 

ヤンマガのオリジンの方も、すこぶる快調に連載されてますね、両紙共に頑張って欲しいです。

 

ワンピースでは、くいわずらいのビッグマムが追いかけてきている所、ゼウスがナミのウェザーエッグを食べて取り込まれると、ナミの号令で、ゼウスが落雷を出来るようになりました。

 

そして、ゼウスの落雷を見たバッグマム軍は、てっきりビッグマムがルフィ達を葬ったと勘違いをします。

 

そんな中、シフォンを手玉に取ったプリンが、サンジに迫ります。

 

さてさて、どんな展開になって行くのか、とっても楽しみです。

 

鬼滅の刃は、遊郭にいた鬼が、上弦の陸の鬼だと分かります。

 

無惨も雰囲気がちょっと変わりましたよね。

 

善逸が鬼殺隊であることがどうやら分かってしまったようです。

 

炭治郎も善逸も、二人共、さり気なく頬紅が可愛いです。

 

ヒロアカでは、ヴィラン連合とヤクザとの過去の絡みが描かれます。

 

そして、なぜかヴィラン連合はヒーロー達にちょっとだけ協力して、迷宮を作っていた入中はイズクのキックスマッシュ、イレイザーのアンチ個性、サーの判子のコンボに沈みます。

 

そして、舞台は巻き戻って、ミリオとオーバーホールとの対峙へと移ります。

 

ロボレーザービームでは、東北国際チームのそれぞれの得意分野が描かれ、どんなスタイルで攻めていくのかが分かります。

 

それに対し、各先輩たちの焦り、ところが、ロボはそんな焦りとは裏腹に、着々と自分のスコアを伸ばしていきます。

 

ロボの戦略に驚愕する理音とそれを冷静に分析する朱雀。

 

そして、声をかけてきた朱雀に対してあくまでロボは勝つつもりの一点張り。

 

来週も楽しみです。

 

ブラッククローバーでは、ユノとノエルのお互いの宿敵?が対峙します。

 

何気に菌魔法の根暗サンが良い味出してますね。

 

ノエルが兄を倒してクリスタルも破壊し、勝利です。

 

月一連載のボルトでは、駆けつけたミツキとサラダの協力でショジョジを撃退ですね。

 

ボルトの右手の謎の印が伏線を誘います。

 

テントウの成長とボルトの友情がいいですね。

 

ボルトが憧れている人はやっぱりサスケでした。そして、何気にミツキの親が大蛇丸だとここで明かされます。

 

そして、サスケ登場で新たな組織の台頭で物語は次の展開へと向かいます。

 

食戟のソーマでは、挑戦者側の3品がまずは吟味されます。

 

ドンドン吹き飛ばされていく審査員ですが、司の料理を一口してからの審査員の表情の違いから、一気に勝負は3-0で十傑側となりました。

 

ぼくたちは勉強ができない、は水着のセンターカラーですね。

 

文乃っちの、寄せて、上げて、ストーンって、これウケますね。

 

本編では、先生と理珠と二人ルートの様です。

 

出前で合流ルート、いいですね。

 

そして、何気に先生のオンオフスイッチが服装で表されているというのが面白いです。

 

ゴキブリのセリフと、太郎さんご来店の落ちが秀逸です。

 

斉木楠雄の災難では、ホントに些細な出来事を上手くネタにして膨らませて話を作れるなあと思います。

 

今回は超能力全く無いじゃないですか、完全にキャラだけで話がススメられていますよね?

 

こういう設定に頼らない話作りが出来る人って凄いなぁって思います。

 

HUNTER×HUNTERでは、モモセのシーンは一瞬ベッドシーンかと勘違いしてしまいました。

 

緋の眼の時間は、オイトが発動している間も発動し続けなければならないんですね。

 

クラピアの制約はかなり強いですね。

 

オイト王妃の叫びで、バビマイナの心に火を灯したのでしょうか?何気に良い人そうです、バビマイナ。

 

各王子とその護衛たちを扇動するクラピカ、走り続けるエンペラータイムのリスク、第4王子の念の習得にそれをコントロールしようとするテータ、それぞれの思惑と情勢が複雑に絡まり合いながら進んでいく暗黒大陸上陸編。

 

来週も楽しみにでなりません。

 

火の丸相撲、これ、もしかして、もしかしてですかね?

 

大相撲編、行くんじゃないでしょうか?

 

すっごく楽しみなんですけど!!!

 

ちょっとドキドキしながら、期待感を持ちながら読み進んで行きたいです。

 

大相撲編、勝手に超―楽しみにしてます。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん、読んでませんが、見開きの表紙、めっちゃ破壊力ありすぎカットなんですけど。

 

シューダン!では、鴨志田の過去のトラウマ?がちょっとだけ描かれます。

 

ソウちゃん、ナナセの抱き合いそうになりながら、おしいってナナセの言うカットが好きです。

 

男の子と女の子って大体あんな感じの所がありますよね。若干女の子の方がませていて、男の子は照れ屋みたいな。

 

麦わら帽子のおじさん、何気に企画で出てきましたが、今後も出てくるのでしょうか?

 

ナナセの提案までに至る経緯もいいですよね。

 

鴨志田のトラウマが氷解していくところも素敵です。

 

クロスアカウントでは、引き続き、幼馴染のターンが続きます。

 

おっぱいは最強ですね。破壊兵器としてこれ以上に男子の心を破壊するモノはないと思います。

 

帰ってからお互いがお互いを回想するシーンとか、なんかいいですね。

 

クソミソ男は今のところ出番なく引っ込んでいますが、来週以降の修学旅行展開はどんな風にクロスアカウントするのか楽しみです。

 

安定の磯兵衛、スピード感ある春画、ヤバイですね!

 

楽しすぎです。

 

春画マスター磯兵衛、もうホント師匠って呼びたくなります。

 

今週はこんな感じです。

 

やっと1週間が始まった気がします。今週も1週間、とりあえず始めてみようと思います。