サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。


スポンサードリンク

連続更新が60日を超えました


スポンサードリンク

今日は単なる自分の喜びを書きます。

 

ブログを始めるぞと思ってから、まずは100記事書こうと決めたんですが、最初に始めた時は、全然1記事書ききるのに時間がかかっていました。

 

文字数がどうとか、どんな起承転結をしたらとか、どんなタイトルにとか、考えすぎていて、実際に手を動かす時間が少なかったり、手を動かして、書いたのに、結局アップしないでお蔵入りにってなっている記事が多くあったんですよ。

 

その内に、段々とブログ画面すら開かなくなって、なんだかんだで、時間がないとか、バタバタしているとか、色々言い訳して、結局、始めてから最初の2ヶ月位は全く記事がアップされませんでした。

 

でも、他の人の色んな記事を読んでいたり、雑記ブログを見ていて、とにかく、未完成でもいいから、記事を書いて、毎日アップしてみようと思ってみたんですね。

 

そんで、ブログをとりあえず毎日書こうって自分の中で決めて、やってみたんですが、意外と毎日書くって結構大変だったりするんですよ。

 

何というか、芸能人みたいな一言ブログだと、更新しやすいかもですが、どこの馬の骨とも知らない無名の人の、ご飯画像とか、ウェーイ画像とかって、多分誰も興味無いじゃないですか。

 

そうは言いつつも、どこの馬の骨とも分からない奴の書いた文章だって、まあ、そうかもですね。

 

んー、でもまあ、そう考えると、写真は僕が多分恥ずかしいから出さないんだと思いますね。

 

んで、とにかく、写真とか一言に頼らないで、何か言いたいことを言い続けてみようと思って、自分の中で、1日1000文字以上は書いてみようって思ったんです。

 

んで、前々から自分のタイピングの練習でやっていたことがあって、プライベートライティングって言うんですけど、(僕の中の勝手な名称かも知れません。)ワードとかメモ帳でいいので、とにかく、ひたすら、書く内容を決めないで、タイピングしていくんです。

 

例えば、今から少ししますね。

 

僕は今、ちょっとお腹がすいたとか思っていたら、なんか揺れてる、あ、多分地震だ。洗濯機が揺れてるのかと思ったら、地面が揺れてた。きゃー大変って思ったけど、まあ、それほどの揺れでも無かったなぁ。さてさて、次は何を書こうか、とにかく、手を動かして、沢山文字を書いていこう。

 

みたいな感じで、頭に思い浮かんだ言葉をただひたすらに、タイピングしていくんです。

 

そんで、これを1分とか3分とか時間を決めて、タイマーをセットしてやるんですよ。

 

後、絶対にこのプライベートライティングに内容は人に見られたらいけないので、できれば、ワードファイルとかにパスワードを付けて保存した方がいいです。

 

それに、ワードだと、ツールから文字数を数えられるので、自分が、1分間に何文字打てたのか、3分だとどの位打てるのかって目安になります。

 

また、ブログを書く時は、結局考えながら書くので、これを続けていると、純粋なタイピング能力だけでなく、考える速度とかも上がっていくと思います。

 

僕の場合、大体3分で300文字以上書くので、1分に100文字が目安です。

 

仕事側パソコンのタイピングは沢山やっていたので、元遅くはない方かなと思いますが、それでも、最初は3分で150文字とか200文字行かなかったですね。

 

んで、徐々に大体毎日3分やって、1週間から1ヶ月位の間に3分で200文字打てるようになって、半年位続けて、300文字辺りが平均になって来て、1年で300文字を超えられるようになりました。

 

上達速度が遅いか早いかは分かりませんが、とにかく、続ければ続けるほど、早くなっている実感はあります。

 

まあ、毎日と言いましたが、実際にはさぼったり、1週間位やらなかったり、時には、半年、2年位やらなかった事もありますので、あまり参考にはなりませんが、きっと毎日これを出来たら、まあ、3分で300文字は半年位で出来るようになるのではないかと思うのが、僕の感覚です。

 

因みに、人が適度に聞き取れる感じでしゃべる早さ(アナウンサーやプレゼンで話す早さ)というのが、1分間に300文字なので、大体、話すスピードの3分の1で書いている事になります。

 

理想は話すスピードで書けるようになりたいですね。

 

よく、テレビとかで、芸能人が話した内容を、リアルタイムで文字起こししてる的なのあるじゃないですか。

 

あそこまで書けるようになったらいいなあとか思います。

 

でも、実際に打つだけなら、結構いけるんですよ。でも、このプライベートライティング、やってみると分かりますが、書くと必ず、書き間違い、タイプミス、変換ミスって起こるんですね。それから、書こうとした時に、何を書いたら良いか浮かばないとか、頭が止まる時があるんですよ。

 

なので、タイプミスとかの手戻りを入れての1分間100文字なので、これが、タイプミスが無くなり、正確に制度を高めていって、頭も止まらなくなれば、1分200文字位は行けそうな気はします。

 

今度、手戻りなナシの、間違えてタイプしたり、変換したりした言葉も消さないで残しておいてどの位書いているのか見てみようかと思います。

 

案外1分間で300文字を超えていたら嬉しいですね。

 

そんなモンですから、話が戻ると、1記事1000文字以上だと、僕の場合、3分300文字なので大体10分かかる訳です。

 

でも、実際には、書いている内に考えてしまったり、途中で頭も止まるし、他のことに気が行ってしまったりで、もっと記述効率は落ちています。

 

大体、30分で2000文字いけばいいペースです。

 

でも、1時間かけて、1200文字だったり、2000文字も行かなかったり、とかそういう時もあります。

 

まあ、文字数が正義って訳では無いんですが、何となく、自分の中のブログ力というのでしょうか、そういったのを図る一つの指標ではないかなって思いました。

 

そういえば、プロブロガーサン達って、大体プライベートライティングではどの位のライティング力があって、でも、実際には1記事にどの位ボリュームに対してどの位の時間をかけて、書いているのか、ちょっと気になりますよね。

 

あるアフィリエイターさんは、1時間かけたのに3000行かなかったーとかって嘆いていたので、それ位のスピード感は必要なのでしょうか。

 

何れにしても、割りと1000文字以上を意識して、何となく思っていることを書いて、それを続けてようやく、もうすぐ記事数は100記事を超えます。

 

そして、継続も一時リセットされてしまいましたが、60日を超えました。

 

記事数や連続更新日数って、結構書いていて、励みになります。

 

また、アクセスしてくれた人がいるということや、読者になっていただいた方とか、スターを下さった方などからは、更に励みとモチベーションが高まります。

 

まだまだ、1日のpvで10以上行ったら、自分の中では「お!今日はバズってるそ!!」なんてレベルでは有りますが、ドンドン書き続けたり、そろそろ記事のリライトなどして、もっと有用なブログにと変化させて行きたいですね。

 

今日はそんなつぶやきとご挨拶でした。

 

いつも読んでいただいている方、通りすがりでも読んでいただいた方、やべ、間違ってクリックしちゃったって方も、皆様、ありがとうございます。