サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。

ギターの弦が錆びるけど、どの位使ったら変えるべきか。

まあ、そもそも錆びたら交換しろよって話かも知れませんが、僕って結構、倹約家(ケチんぼ)なモンで、1~3弦が錆びても、ティッシュとクレ556でサビを拭きとって、また使っているんですよね。

 

梅雨の時期から夏にかけての湿度が高くなると、1ヶ月保たないで錆びるじゃないですか。

 

冬場は割りと2ヶ月、3ヶ月保ってくれるんですけど、夏場はやっぱり湿度高いから、2週間位で、毎日弾いていても、ちょっと2、3日ほっとくと錆びちゃうと思うんですよね。

 

んで、まあ、錆びたのを拭きとって油かけて弾くと、まあ、そこそこ弾き心地は戻るし、良いかなって使っていますが、これを5回、6回とやっていると、チョーキングした時に、ぶっつんって行きますよね。

 

前に何かの本で読んだ時は、弦の変えるタイミングについて、最低1ヶ月に1回は変えてあげた方がいいみたいなことが書かれていて、毎日弾いていたり、仕事で使っている人は1週間に1回は変えていて、ライブなどの時はその前日に変えて、少し慣らしてからライブを行うみたいなことが書かれてました。

 

でも、弦の交換って、面倒くさいじゃ無いですか。

 

チューニングも最初は安定しないし、なにより、弦買いに行かなきゃならないし。

 

それに、弦って意外と1回全部変えると、少なくとも500円以上はかかるじゃないですか。

 

なので、まあ、ジャンプを2回か3回買うのを我慢すればいいのかもですが、あんまり頻繁に買いたくは無いなぁとか思うんですね。

 

後、昔友達で、同じレスポールを持っていた人なんですが、フレットを打ちなおしてもらってた人がいて、彼に何で?って聞いたら、

 

「フレットは消耗品だからね」

 

って、めっちゃギタリストっぽいセリフが返って来て、うわー、僕も言ってみたいなーそんなセリフって思ったことがありました。

 

うちのレスポールさんは、フレットも、微妙にすり減っているのはありますが、まあ、そこまで気になるものでもないので、打ち直しはまだ1回もやっていません。

 

因みに、買ってから、12年経ちますが、特に不調は見当たらないですね。

 

って、自分で書いてて、レスポール買ってからもう12年経ったんだなってしみじみ思いました。

 

実は、このレスポール、元々は買う予定は無くて、アイバニーズのJカスタムを買おうと思って、楽器屋さんに下見に行ってたんですよ。

 

そんで、御茶ノ水って、下に坂を下ると神保町で、本屋さんがあるんでけど、三省堂で立ち読みした本が、たまたまギターの種類ごとの特性について書かれた本があって、それを読んでいたら、自分の求めている音とか、スタイルが、実は何気にレスポールっぽいかもって思ったんですね。

 

その本を読んでみて、今までは全くレスポールに興味が無かったんですが、俄然興味が出てきた訳です。

 

そんで、本屋を出て、ふらっと立ち寄った楽器屋さんで、綺麗な色のレスポールに出会う訳です。

 

弾いてみた弾き心地、音、質感、そして色味など全てが、もう一目惚れでした。

 

そして、アイバニーズにするかレスポールにするか、一晩自分の中で考えて、次の日にレスポールを買いに行きました。

 

そっからは、アーミングは一切やらなくなりました。

 

テールピースの高さで変わる音とか、弦高の調整やオクターブチューニングなど色々と知りました。

 

唯一気になるのが、ボリュームが、今までのギターは0から10にすると綺麗に変化してくれていたのですが、レスポールにしてからは、音量変化が、0~3位までは殆ど音がなく、そっから10までは一気に音がでかくなるみたいな感じで、音量の大小をボリュームでつけにくいなって思った事ですかね。

 

他のレスポールで確認していないので、個体差なのか、レスポールってそういうものなのかは分かりませんが、とにかくそれを除けば、全くもって悪い所はありません。

 

ってか、寧ろ、僕は殆ど常にボリュームもトーンもフル10設定の中学生ギターなので、あまり、ボリュームを絞るとか気にしませんでした。

 

ちょっとしてから、ボリュームを絞ったり、トーンを絞ると、甘いニュアンスが出たり、微妙な感じの音色の変化があることに気が付いて、中々奥深いななんて思いましたが、それでも基本はフル10で今でも弾いています。

 

弦はケチって変えませんし、フレットも全く打ち直しませんし、ボリュームトーン共に古10ですが、ギター楽しいです。

 

まあ、もう少ししたら、また弦を買って来て替えようかと思います。

病は気からについて

実は、僕の手なんですが、手湿疹って言うんでしょうか?ごくたまに指に水泡が沢山出来るんですけど、昔、指に水泡が出来た時に、プチプチ潰して楽しんでいましたが、社会人以降に出来た手湿疹って、潰すとドンドン他の指にも広かっがり、今までは、指の腹とその周辺にしかなかったのですが、徐々に歳を重ねると共に、広がりと感染を見せるようになったんですよ。

 

そんで、僕の指のパンデミックを防ぐために、なるべく潰さないようにするんですが、たまに寝ている時に痒くなったりするわけです。

 

痒いと、しかも、寝ている時なので、無意識にかきむしってしまうんですね。

 

そうすると、どうなるかって言うと、手湿疹がグジュグジュになっちゃって、パンデミックを助長させてしまう訳です。

 

おお、こら参ったと思いつつも、かかないように、触らないようにしている内に、徐々に収まりを見せて、最終的には無くなっていくという周期を繰り返していたのですが、3年前の6月頃に、魚を触った後に、薬指に手湿疹が出来たんですよ。

 

いつものように、勝手に無くなっていくだろうと思っていたんですが、中々無くならない上に、ドンドン、広がっていくは、洗い物とかしていると、手がふやけるので、1回グジュグジュをこじらせてしまうと、落ち着くまでに時間がかかるわ、おまけに、指の関節の外側?なんていうんでしょうか、指を曲げて、フニャってなる所です。

 

第2関節の甲側です。

 

そこに切れ目みたく傷が出来ると、中々傷が閉じてくれなくて、絆創膏を貼ってとか、軟膏塗ってとか、色々やってましたが、全然ダメだったんですよ。

 

そうして、なんだかんだで1年経ってきたら、ようやく薬指の手湿疹が無くなったと思ったら、今度は、小指や中指、更には人差し指まで出てきちゃって、あらまこりゃ大変だってなった訳です。

 

他の指に手湿疹が行ってからは、逆に薬指には無くなったのですが、油断していると、薬指にもちょっと出てきそうで、そういう時は、なるべく潰さないとか、ひっかかないとか、心がけてたんですが、全然他の指も治らずってのがまた1年続きました。

 

自分の中の傾向として、睡眠不足だと、手がパンパン気味になって、手湿疹が出やすいのかなとか、塩分を摂り過ぎると、手湿疹が出て来やすいのかなとか、後は、自分自身にストレスがあると、出てくるのかなど色々と考えたりしてみたんですが、一向に治る気配はありませんでした。

 

丸2年、手湿疹と一緒にいて、徐々に人差し指は消え、薬指もなく、中指に少々と小指にまあまあって状態になったのですが、ここで、最近、プライベートでとっても良い事が連発したんですね。

 

そうしたら、なぜかわからないんですが、手湿疹がドンドン無くなっていったんですよ。

 

えええええ??って思って。

 

ホント嘘みたく、今までずっと消える気配も前兆も予兆も、アゲハチョウも無かった手湿疹サン達が、あれよあれよと、ドンドン消えていってくれる訳です。

 

もうこれは、こころとリンクしていると考えるしかないなと思った訳です。

 

人って、例え自分自身でアイデンティティを強く確立できていたとしても、やっぱり、なんだかんだで社会的な賞賛、例えば、地位やお金、名声だったり、肩書の他にも、社会貢献しているとか、誰か、他の他人の役に立っているっていう認識が無いと、自分の内在的要素だけでは、中々アイデンティティが揺らいでしまうんじゃないかと思うんですね。

 

また、人間的にも、他人からダイレクトに凄い、素晴らしい、など賞賛や認知、受け入れられることが無いと、これもまたアイデンティティが弱々しくなってしまうと思うんです。

 

自分自身の内在的要素としてアイデンティティを確立した上で、社会的にも貢献して、それが適切に評価され、また友人、知人、恋人など自分の周りの人間から賞賛され、適度に受け入れられている状態が、心理的には一番健康なのかなあと思うのです。

 

そうして、それに近い状態になればなるほど、体の不調なども治っていき、逆にそこから遠ざかっている状態であればあるほど、身体に不調が現れたり、その不調が続いたりするんじゃないかなぁと思ったんです。

 

今の僕は、すこぶる快調になって来て、プライベートもかなり充実してきました。

 

今まで、少し不安に思っていた事とか、ちょっと自信が足りなかった部分が、色々と補われてきて、自分の中で、物凄く充実してきたんです。

 

そうしたら、それに呼応するように、手湿疹がドンドン無くなっていって、これはもう、病は気からという言葉の通りなんだなぁって、まさに実感した感じでした。

 

みなさんも、病気まで行かないまでも、何か身体に不調が現れたり、調子が良くないなぁと思ったりした時は、一度、自分自身の心を見つめ直してみたら、もしかしたら、何か不調を良くする手立てが見つかるかも知れません。

 

まあ、自分を冷静に分析できたとしても、その原因を断ち切る何かだったり、変えるきっかけみたいな実際の出来事や出会いは必要かもなんですけどね。

 

でも、何も分からないで苦しむよりは、少しは、苦しみも和らぐんじゃないかと思って書いてみました。

STEP|魔神英雄伝ワタルの主題歌

かなり古いアニメなんですが、魔神英雄伝ワタルって知ってますか?

 

確か、広井王子が手がけたアニメなんですが、2とか、真の方が有名だったりかもです。

 

2だと虎王が仲間になってたりとかなのかな?

 

実は僕自身、そんなに記憶は無いのですが、あるのは、ワタルが、

 

「龍―神―丸―!!!」

 

って叫んで、龍神丸

 

「おおおお!!!!」

 

って答えて、龍の形のコクピットにマントをつけたワタルが立っているシーンですかね。

 

そんな広井王子と言えば、元はネクロスの要塞というお菓子のシール?かな、おまけの企画を作って、それに目をつけられ、ゲームのいろはを叩きこまれて、天外魔境を作ったみたいなエピソードが有名ですよね。

 

他にも、広井王子のマルチ天国で、横山智佐と一緒にラジオをしていた時に、ラジオドラマのアフレコもやってたりとか、幅広く活躍されてましたね。

 

あの、優しい低めの声は今でも記憶に残っています。丁寧にやられてましたね。

 

後は、メジャータイトルで言うと、藤島康介と組んでやった、サクラ大戦ですよね。

 

走れー高速の-帝―国―歌劇団―♪(歌:横山智佐

 

横山智佐は、ジャンプ放送局だっけかな?確かジャンプの後ろの企画でも出ていた記憶があります。

 

サクラ大戦は、当時、セガサターンでのキラーソフトでしたが、その為にサターンを買ったキッズ達もどれほどいた事か。

 

サターンとプレステの戦線は、サターンがマニアック層を、プレステが一般層を取る形になり、最終的にプレステに軍配が上がりましたよね。

 

さてさて、話を戻して、ワタルの主題歌のSTEP。

 

この曲、メロディと歌詞が泣けるほど好きなんですよ。

 

そして、この元の歌詞が恋愛をテーマにしているので、主題歌としてアニメで流す時に、一部、プロローグをドリームハンターとして変更して歌ったとか、でもCD版ではプロローグに戻したとか、あるんです。

 

僕は、どちらも好きですが、恋愛をテーマにした歌としては、やはり、原曲の方がしっくり来るような気もします。

 

これ、この曲、まず歌詞が泣ける。

 

女性が歌っていますが、まんま歌詞の内容は男でも当てはまるんです。

 

まあ、僕って歌ってますから、余計にそうですよね。

 

2番の「優しすぎる心の裏側に」って所のフレーズが、もう大好きで、それに続く2番のサビまで含めた歌詞が、もう最高で、「僕の心は君のもの」、「悔しいけれど~」とか、もう、ホント、恋したらそんな感じですよね。

 

自分が傷付く結果になってしまおうが、どうだろうが、好きだって気持ちは止められない。

 

好きだって気持ちで突き進んだ過ちなんて、もうどうにでもなれみたいな。

 

小さい頃は歌詞の内容はそれほど入ってこなかったんですが、メロディがとっても綺麗で、とにかく好きでした。

 

そして、大人になって聴き直した時、改めて、歌詞の深さとメロディの綺麗さがマッチして、物凄く好きになりました。

 

この歌、黒崎さんって声優さんが歌い直した版があって、確かパチスロ用のサントラでしたかね。

 

こっちのアレンジのギターとか、結構好きで、原曲も良いんですが、僕は何気に、黒崎さんバージョンのアレンジも好きなんです。

 

Aメロのオンコード感、Bメロのsus4感、そして、サビのコーラスに合わせたコードチェンジがホント好きで、コード進行とかもとっても綺麗だなって思いました。

 

最後の、「新しいSTEPで素直になればいい」って結び方がホント綺麗ですね。

 

ホント、僕も新しいSTEPで、素直になって頑張りたいと思いました。

継続日数リセットの悲劇再び

うわーーーーーー!!!

 

やっちまったー!!!!!

 

と思ったのが昨日でした。

 

帰って来て、ふと時計に目をやり、日時が変わっている事に気が付き、なんとも言えない違和感を感じ、なんだろう?と思って、ふと思った瞬間。

 

うわーーーーーーーー!!!やっちまったーーーーー!!!

 

でした。

 

継続日数リセットの悲劇アゲインです。

 

72日まで行っていたので、後1ヶ月しない位で100日達成まで行けたのですが、なんだか凄く悔しいかったです。

 

ですが、不思議と前回ほどの悔やんだ気持ちは無く、まあ、また始めて、3ヶ月ちょい経てば自然と、継続日数も100日を超えるだろうと思えたからです。

 

そもそも、継続日数100日は、100記事書くモチベーションとして使っていましたので、100記事まではとりあえず書けたので、今後は別のモチベーションとして使おうかと思いました。

 

しかし、実際に毎日ブログの更新をしていると気が付くのですが、書き溜めをして予約投稿に設定しても、意外とその後の日が書き溜めしているからと油断してしまって、記事を1つも書かないで終えてしまったり、祝日、休日の前は書き溜めておこうという意識はあったのですが、昨日のように、突然の丸1日の予定が入ったりする場合もあったりとイレギュラーパターンの日も出てきます。

 

今回の中断で思い知ったのですが、風邪を引いたり、体調を崩しても中断のリスクがあったり、自分が体調を崩していなくても、子供達に何かがあったりとか突発的なことが起こらないとか決して言えませんので、ストックは本当に必要だなぁと思いました。

 

そして、ストックを中途半端に用意すると、ストックがあるからという油断が出てきてしまいましたので、今度は、1週間分最初にストックを作ってみて、丁度、1週間後の記事を毎日書くようにしたら、いいかも知れないと思いました。

 

なので、今週から来週にかけては今日、明日、どかーっと書いてみようと思います。

ブログ日数100行きました。

前回、100記事達成した時に、継続記録100日行ったら、またご挨拶しますと言いましたが、その前にブログ日数が100日になったので、ちょっと、またご挨拶します。

 

100日で100記事ちょっと書いてみて、思った感じですが、どの位書いて、どの位アクセスが集まったのかとか、書いているモチベーションとかまたちょっと書いてみます。

 

前言ったように、最初は3000文字をベースに記事を書き始めましたが、3000文字以上の記事をずっと書き続けるのは、かなり最初はきつく、最初の3ヶ月は更新が全く出来ませんでした。

 

あったとしても3記事位だったかな?

 

それで、3ヶ月経った後で、とにかく毎日書こうと決め、書き始めます。

 

そこからは1000文字以上を目指して書いていきました。勿論、1000文字以下でも、とにかく毎日何かしら書いていくという事を自分の中に習慣にすることが目的でした。

 

毎日更新には色々とハードルや障害?罠?があって、僕のように平日のみでやっている場合は、土日の更新分を平日中に余分に作る必要があります。

 

それで、一回、土日の更新を忘れてしまって、更新を忘れないように、木金前になるべく余裕を持って書く癖を付けました。

 

60更新位までは、これでそこそこ書けていたのですが、70更新位まで来て、徐々に書くのに少しずつですが、苦労し始めるました。

 

ですが、他の人のブログとか、ブログを継続するコツみたいなのを読んでいて、とにかく、未完成でもネット上の媒体はアップすることに意味があり、その後、修正が必要であれば、ドンドンブラッシュアップ、リライト、していけばいいのだと教わり、そうか!未完成でも、書きかけでも、ちゃんと話が終われて無くても、とにかく、書いたモノをアップしてく事も大事なんだって思ったんですね。

 

そうしたら、なんだか、今まで堅っ苦しく考えていた物が無くなり、すらすらと書き出しが書けるようになったんです。

 

沢山書かなきゃとか、ちゃんと話を終わらせなくちゃとか、そういった自分の中の勝手な思い込みが無くなった時、大分楽に書けるようになりました。

 

ところが、どっこい、今度は、書く時間が気になり始めました。

 

1記事にダラダラと途中何か別の事をしたり、調べ物の途中でネットサーフィンしてしまったり、動画を見てしまったり、楽器を弾き始めてしまったりと、色々中断したりして、結局書き始めから2時間経ってようやく書き終わるなんてことが多々出てきました。

 

このペースはまずいと思い、今度は、時間に制約を付けて、自分の中で、とにかく10分とか30分以内に書けるだけかこうみたいな感じでやってみました。

 

その過程で出てきたのが、こないだの3連休に使った、超高速雑記、自動書記ですね。

 

あれはあれで、自分の中でも面白い体験が出来たなあと思います。

 

そんなこんなで、書いています。

 

後、思ったのは、普通な感じで書こうとするよりも、友達に話をする感覚で書くと、自分の中で書きやすかったです。

 

僕は割りとアキバ系なんですが、友達と話していると、しょーもないギャグとか冗談とかちょいちょいぶっこみながら話す癖があるのですが、そういうのも、あまり出さないようにとか意識しないで、逆に、普段、喋っている感じで書こうとすると、結構、筆の進みもいい感じがします。

 

まあ、その口調が独特であれば個性になるでしょうし、毒が強すぎたりすると、アンチを作ってしまったり、嫌われてしまったりかもですが、まあ、でもその辺はリアルな人付き合いと同じかなとも思いました。

 

さてさて、また明日からは色々と書いていこうと思います。

 

追伸

 

恋がかなり進展しました!今、すっごくウキウキです。

アニメや漫画で得た知識

こないだ、子供達と海に行って来たのですが、海によっては、もうクラゲが発生しているところもあるみたいですね。

 

主にクラゲはお盆過ぎなどに出てくるようですが、僕らの行った所はお盆中だったのですが、クラゲちゃんがちょいちょい出てきていました。

 

友達や子供達は刺されたのですが、僕はなぜか刺されなくて平気でした。

 

それとも、刺されたけど気が付かなかっただけなのでしょうか?

 

周りの人達が「クラゲいるー」とか「刺されたー」とか騒いでいる領域でも、なぜか刺されないでいられました。

 

そして、うちの子供達も多分に漏れ無く刺されました。

 

いきなり、脚が痛い!!って言い出して、最初はツッたのかな?っと思ったのですが、友達が、昨日クラゲに刺されたよって言われて、痛みのそれがようやくクラゲであると分かりました。

 

前に、漫画でクラゲに刺されたら水で洗ってはいけないみたいなことが書かれてて、熱い砂でこするみたいなのがあったので、砂浜に出て砂でこすってやりました。

 

そんで、何やってるの?って友達に言われ、こうやるとクラゲの棘が取れるみたいな事を漫画で読んだことがあるって言って、やってたのですが、一応、子供の痛みも砂でさすってやったら取れたみたいで、また元気に遊びに戻って行きました。

 

ふとした時に、とっさに出てきた記憶でしたが、子供達の役に立ち、良かったなぁとか思いました。

 

勿論、毒性の強いクラゲや、刺されたのが重症の場合は、すぐに病院なり、専門の治療なりが必要なんですが、軽く刺された程度の場合は砂でこすってあげるだけで、ちょっと良くなる?みたいですね。

 

んで、子供に砂をこすっている時に、ふと、オードリーの話を思い出しました。

 

確か、オードリーの二人が、喧嘩か何かの最中に、若林が過呼吸になり、その時に春日が、持っていたビニール袋を若林の顔にかぶせ、少し時間をおいた所、若林の様態がよくなり、なんで俺にビニールかぶせたんだみたいな事を言ったのかな?そしたら、春日が、ゴットハンド輝(スーパードクターKかも)で、過呼吸時の応急処置としてビニール袋をかぶせるって書いてあったと言った、みたいなエピソードがあったんですよ。

 

んで、まさに、今、僕がやってるのって、春日と一緒だとか思って、ちょっと笑ってしまいました。

 

それで、ふと思ったのが、ダイヤモンドのモース硬度が10であることを、キン肉マンの悪魔将軍との戦いで、ロビンマスクが解説するセリフから覚えたりとか、絶対0度がマイナス273度であるととを、聖闘士星矢の氷河とカミュとの戦いから覚えたりとか、漫画から得られる知識って、結構バカにならないんじゃないかなって思ったんです。

 

僕自身、漫画から沢山の事を学んだなぁと思っていて、それは知識だけでなく、道徳的な事から、作者から伝わるメッセージだったり、色々なことを漫画から学んだので、子供達にも漫画から沢山、沢山学んで行ってもらいたいなぁなんて思いました。

 

その結果オタク男子、オタク女子になってしまう可能性も否定出来ませんがね。

 

まあ、それはそれで、親子で一緒にコミケにでも行きます!

超高速雑記3

さて、今日は自動書記最後です。

 

って言っても、これ全部、木曜日に一気に30分で書いたのを分割して予約設定で投稿しているだけなのですが、まあ、更新日数をと切らせないための代替手段として、お許し下さい。

 

月曜からはちゃんと書きます。

 

あ、来週の月曜はジャンプが先週合併号だったので、お休みですね。

 

なので、今週のジャンプも書かないので、何か違う事を書くようですね。

 

ブログって、毎日書いているとネタが尽きるんじゃないかって思うんですが、意外とふと何かを見つけて、テーマを絞ってみると、つらつらと書けるような感じですよね。

 

面白いなぁって思います。

 

自由って意外と大変で、縛るって、意外と楽になるって感じですよね。

 

エヴァで、TV版の26話(最終話)で、何もない自由な世界よりも、線を引いて空と地上を分けた方が、何となく落ち着くって言うのあるじゃないですか。

 

アレって多分そういう事だと思うんですよ。

 

何も制約がないと、そこからモチーフを自分で決めて、そっから自分で膨らませてみたいなのって、案外、自由でいつつも、それが大変かなぁって。

 

逆に、これでお願いします!とか、いついつまでにって他者から制限された方が人って動く場合無いですか?

 

自分で考えた計画よりも、人に押し付けられた仕事の方が、遂行し易いみたいな。

 

銃夢で、「俺には犬の首輪が欲しいんだよ」って叫んだ、ヨルグの気持ちみたいですね。

 

あの時の魂の叫び、すっごく印象的でした。

 

なんか、ふと思ったんですが、自動書記をやってみて、今3回目ですが、思いの外、普通に記事っぽい内容を書けているような気がするんですね。

 

鍛えられたのかな?

 

よく分からないですが、書いている内に、自分でテーマっぽいのを手繰り寄せて、そんで、それについてちょっと話出せるようになった気がします。

 

これはこれで、もしからしたら、かなり使える手法かも知れません。

 

もう少し色々と自分で、思考実験を試していって見ようと思います。

 

ラスト2分、あー惜しい、また3分逃しちゃった。

 

自分に自分でルールを縛るってのもありだと思うんです。

 

例えば、今僕が、10分で書ききるって決めたとか、こういうテーマしか書かないみたいな、別に何でも良いんですけど、勝手に自分で自分を縛ってやってみる方が、意外と書けるんじゃないかって思いました。

 

そうこうしている内に、今日はここで終わりのようです。