サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。


スポンサードリンク

ギターの弦が錆びるけど、どの位使ったら変えるべきか。


スポンサードリンク

まあ、そもそも錆びたら交換しろよって話かも知れませんが、僕って結構、倹約家(ケチんぼ)なモンで、1~3弦が錆びても、ティッシュとクレ556でサビを拭きとって、また使っているんですよね。

 

梅雨の時期から夏にかけての湿度が高くなると、1ヶ月保たないで錆びるじゃないですか。

 

冬場は割りと2ヶ月、3ヶ月保ってくれるんですけど、夏場はやっぱり湿度高いから、2週間位で、毎日弾いていても、ちょっと2、3日ほっとくと錆びちゃうと思うんですよね。

 

んで、まあ、錆びたのを拭きとって油かけて弾くと、まあ、そこそこ弾き心地は戻るし、良いかなって使っていますが、これを5回、6回とやっていると、チョーキングした時に、ぶっつんって行きますよね。

 

前に何かの本で読んだ時は、弦の変えるタイミングについて、最低1ヶ月に1回は変えてあげた方がいいみたいなことが書かれていて、毎日弾いていたり、仕事で使っている人は1週間に1回は変えていて、ライブなどの時はその前日に変えて、少し慣らしてからライブを行うみたいなことが書かれてました。

 

でも、弦の交換って、面倒くさいじゃ無いですか。

 

チューニングも最初は安定しないし、なにより、弦買いに行かなきゃならないし。

 

それに、弦って意外と1回全部変えると、少なくとも500円以上はかかるじゃないですか。

 

なので、まあ、ジャンプを2回か3回買うのを我慢すればいいのかもですが、あんまり頻繁に買いたくは無いなぁとか思うんですね。

 

後、昔友達で、同じレスポールを持っていた人なんですが、フレットを打ちなおしてもらってた人がいて、彼に何で?って聞いたら、

 

「フレットは消耗品だからね」

 

って、めっちゃギタリストっぽいセリフが返って来て、うわー、僕も言ってみたいなーそんなセリフって思ったことがありました。

 

うちのレスポールさんは、フレットも、微妙にすり減っているのはありますが、まあ、そこまで気になるものでもないので、打ち直しはまだ1回もやっていません。

 

因みに、買ってから、12年経ちますが、特に不調は見当たらないですね。

 

って、自分で書いてて、レスポール買ってからもう12年経ったんだなってしみじみ思いました。

 

実は、このレスポール、元々は買う予定は無くて、アイバニーズのJカスタムを買おうと思って、楽器屋さんに下見に行ってたんですよ。

 

そんで、御茶ノ水って、下に坂を下ると神保町で、本屋さんがあるんでけど、三省堂で立ち読みした本が、たまたまギターの種類ごとの特性について書かれた本があって、それを読んでいたら、自分の求めている音とか、スタイルが、実は何気にレスポールっぽいかもって思ったんですね。

 

その本を読んでみて、今までは全くレスポールに興味が無かったんですが、俄然興味が出てきた訳です。

 

そんで、本屋を出て、ふらっと立ち寄った楽器屋さんで、綺麗な色のレスポールに出会う訳です。

 

弾いてみた弾き心地、音、質感、そして色味など全てが、もう一目惚れでした。

 

そして、アイバニーズにするかレスポールにするか、一晩自分の中で考えて、次の日にレスポールを買いに行きました。

 

そっからは、アーミングは一切やらなくなりました。

 

テールピースの高さで変わる音とか、弦高の調整やオクターブチューニングなど色々と知りました。

 

唯一気になるのが、ボリュームが、今までのギターは0から10にすると綺麗に変化してくれていたのですが、レスポールにしてからは、音量変化が、0~3位までは殆ど音がなく、そっから10までは一気に音がでかくなるみたいな感じで、音量の大小をボリュームでつけにくいなって思った事ですかね。

 

他のレスポールで確認していないので、個体差なのか、レスポールってそういうものなのかは分かりませんが、とにかくそれを除けば、全くもって悪い所はありません。

 

ってか、寧ろ、僕は殆ど常にボリュームもトーンもフル10設定の中学生ギターなので、あまり、ボリュームを絞るとか気にしませんでした。

 

ちょっとしてから、ボリュームを絞ったり、トーンを絞ると、甘いニュアンスが出たり、微妙な感じの音色の変化があることに気が付いて、中々奥深いななんて思いましたが、それでも基本はフル10で今でも弾いています。

 

弦はケチって変えませんし、フレットも全く打ち直しませんし、ボリュームトーン共に古10ですが、ギター楽しいです。

 

まあ、もう少ししたら、また弦を買って来て替えようかと思います。