サブカルアキバパパ

アキバ、サブカル、子育てについて語っていきます。


スポンサードリンク

超高速雑記1


スポンサードリンク

昔、アンドレ・ブルトンが自動書記と言って、シュールレアリズム宣言、溶ける魚というのを書いてましたが、ちょっとそれに倣って、やってみようと思います。

 

今日から3日間は全く考えなしに、適当に思い付くままに時間を決めて、書いてみます。

 

時間は10分とするので、大体1000文字程度の文章が出来上がるはずです。

 

止めどなく、手を止めること無く、とにかく書いています。そして、書いているそばから間違えたりもするので、間違った文字を消したりもしています。

 

どんな言葉が頭から浮かぶというと、イメージは今のこと何もないです。

 

文学的な感じで行くと、きっと、

 

天に浮かぶ白い階段が真下の川へと降りてくる。そこへ海に飽きた魚たちがやって来て、天国に連れて行けと騒いでいる。

 

喜びと共に悲しみは去って行き、白いビーズ模様のカーディガンを来た犬が、鎧兜に向かって大きく吠えている。

 

とかなんとか書いてみましたが、やっぱり意味不明ですね。

 

昔の井上陽水のだけど上海とかみたいですね。

 

井上陽水の歌詞ってなんか不思議ですよね。

 

音と言葉が凄くマッチしていて、でも言葉と言葉があまり繋がっていないようなので、何となく綺麗に聴こえて、そんなに不自然にならないみたいな。

 

きっと僕らは、洋楽を聴いていて、歌詞の内容が分からなくても、メロディとノリと響きで楽しめる文化があるので、それに近い感じなのかなって思います。

 

初期のフォークソング井上陽水も好きですが、中期以降のワカンナイ~みたいな歌詞の陽水も大好きです。

 

昔、心もようのギターアルペジオを真似したのを思い出しました。

 

あれ、弾いている内に何とも悲しいような、不思議な雰囲気になるんですよね。

 

アコギ特有の物悲しい感じって言うんでしょうか?

 

さて、そろそろ10分に近くなってきました。

 

ラスト1分ですね。

 

どこまで書けるのやら、自分でも分かりませんが、なんか、勝手に何とか選手権みたいなのに、自分で出場している気分です。

 

っと言っているところで、どうやら時間が来てしまったようです。

 

明日もこれをやってみます。